シビックセダン値引き

下取り車の扱い方とは?

今時の新車は車両本体価格の値引き余力がとっても少ないそうです。

 

なので、営業マンは車両本体価格についてはそれほど駆け引きせず、
初回から限界値に近い条件を出してきます。

 

ということは、頑張って粘っても値引き額はそれほど大きくなることはないと思ったほうがよいです。

 

報告や口コミをネットで調べてみると、「50万円値引きできた!」などの
報告もありますが、それらは車体本体価格の値引きではなく、

 

  • 付属品からの値引き
  • ローン利用による値引き支援
  • 下取り査定額の上乗せ

 

である場合がほとんどです。
その中でも値引き交渉でかかせないのが、「下取り査定額の上乗せ」です。

 

下取り査定額はをはじき出す際、
本来ならば該当車種の内装や外装の現状などを厳しくチェックして、
客観的なものとならないといけません。

 

しかし、買取店方式(中古車市場での人気も加味する)というものが、
少し前より査定額算出に加わるようになりました。

 

さらにお客様の予算に合わない場合には値引きの不足分を
査定額に上乗せすることが当たり前になってきています。

 

そのため、ホンダシビックセダンの値引き額よりも下取り査定額をUPさせることが、
車を安く購入するためには重要な要素となっています。

 

 

下取りと買取は違うものなのか!?

 

下取り査定にも買取の要素は含まれていますので、
見かけは大きな違いはないように見えてしまいます。

 

ですが、その目的は大きく違っています。

 

買取はあくまでも「再販」を目的にしているのに対し、
下取りは以前ほどではないとは言え、「新車購入支援」的要素が大きいです。

 

そのため、下取り査定額は市場価格を大きく超える条件が提示されることもあります。

 

乗っていた愛車を引き取るのは同じですが、
その目的は「再販」か「支援」かで大きく異なっているのです。